「種類」カテゴリーアーカイブ

カードローンの種類について

<カードローンの種類>

money-1578510_1920

カードローンを大きく分けますと、消費者金融系と銀行に分ける事ができます。

どういった違いがあるのかと言いますと、消費者金融は、法律で貸せる限度額というのが決まっています。これは、1社の限度額という訳ではなくて、トータルでその人がいくらまで借りているかという事ですので、それを超える金額というのは貸す事ができません。それと、限度額というのは収入に応じて決められており、限度額に近いというのはそれだけ多くの借金をしている事でもありますので、そういう状況の方に新たにお金を貸すというのは躊躇う業者もあります。銀行が出しているカードローンは、法律によって貸す額の規制がありません。だからといって、いくらでも貸してくれるという訳ではなくて、当然収入に見合った額しか貸してくれません。法律で規制されていないとは、貸したお金が返済されないというのは銀行側も困りますので、ちゃんと返済できる人というのを審査で選択してお金を貸します。

銀行の方が審査が厳しいという見方がありますが、消費者金融も条件によって審査が厳しいという事もあります。審査が緩い、厳しいというのは、申込する方の収入とローンの金利とかの条件とかに左右される場合が多いです。限度額が低い物であれば、そこまで返済に困る可能性が少ないですので、少し収入が少ない方であっても審査が通りやすいです。その反面、限度額が多く設定されているのは、長期の利用になる可能性が高く、きちんと返済ができる収入があるのかというのを厳しくチェックされます。