カードローンは賢く使えば便利

<カードローンを賢く使おう>

money-1548322_1280

皆さんの中で、カードローンをご利用なさったことがある人はいますか。どうしても借金をすることになるので、危ないというイメージをもたれている人は多いのではないでしょうか。皆さんが消費者金融に対して持っている怖くて危険というマイナスなイメージは、闇金業者だからです。けれども、運営元はほとんどが銀行なので実は安全なのです。どうしても出先でお金が必要になったときに、賢く使えば便利なものです。

これを利用するメリットとしては、まず金利が低いことがあります。クレジットカードのリボ払いやキャッシングを利用するよりも、金利が低い事が特徴的です。クレジットカードでは金利の低いところでも12%からですが、こちらは3%からで利用できます。ですから、学生さんや主婦などお金を持っていない人でも手軽に利用できます。そして、現金なので場所を選ばずに使う事ができるのも魅力です。クレジットカードでは提携先の店舗等でしか使用出来ませんが、現金が口座に振込まれるので、お金を下ろせばどこでも使えるのです。さらに即日発行ができるので、急ぎでお金が必要なときにとても重宝されます。

カードローンを発行しているところは、大きく分けて消費者金融、信販会社、銀行にわかれます。危ない所では利用するのを控えましょう。普通のカードローンは基本的に安心で便利なサービスなので、利用する価値は大いにあるものです。どうしてもお金が必要になったときに、賢く利用しましょう。

カードローンは預金として併用して利用しよう

<カードローンと預金>

piggy-bank-1510525_1920

カードローンを無理なく利用するやり方としては、きちんと預金をしておくのが大事になります。預金がなぜ大事なのかと言いますと、カードローンを利用するのは良いのですが、あまり利用しすぎてしまいますと、返済が大変となります。借りる金額が多いほど、返済が長期にもなりますし、長期になればその分多くの金利を支払わないといけないので損ではあります。ですので、いざ多くのお金が必要な時に、なるべくローンに頼らない様に預金をしておくというのが大事となります。全てを預金で賄うというのは無理ですので、どうしても足りないという部分に関してだけローンを利用して、なるべく借りる金額というのを少なくするのが賢いやり方でもあります。

それに預金というのは、多少ではありますが金利を貰えます。ローンですと、金利を支払う立場になるのですが、預金だと貰う側です。これは結構大きな差でもあります。ローンを利用するのか預金で賄うのかというのは、非常に差がある事でもありますので、できる限り預金で生活できる環境というのを構築して貰いたいです。なんでも預金で済ます事ができる様になれば、その分カードローンの利用も減る事ができますので、余裕を持った生活というのをする事ができます。手軽にお金を借りる事ができるというのがローンの良い所ではありますが、その分金利を支払うという事を、もっと重要に考えて利用した方が良いです。使いすぎなければ良いサービスですので、預金と併用しながら依存度を下げつつ利用して貰いたいです。

カードローンの種類について

<カードローンの種類>

money-1578510_1920

カードローンを大きく分けますと、消費者金融系と銀行に分ける事ができます。

どういった違いがあるのかと言いますと、消費者金融は、法律で貸せる限度額というのが決まっています。これは、1社の限度額という訳ではなくて、トータルでその人がいくらまで借りているかという事ですので、それを超える金額というのは貸す事ができません。それと、限度額というのは収入に応じて決められており、限度額に近いというのはそれだけ多くの借金をしている事でもありますので、そういう状況の方に新たにお金を貸すというのは躊躇う業者もあります。銀行が出しているカードローンは、法律によって貸す額の規制がありません。だからといって、いくらでも貸してくれるという訳ではなくて、当然収入に見合った額しか貸してくれません。法律で規制されていないとは、貸したお金が返済されないというのは銀行側も困りますので、ちゃんと返済できる人というのを審査で選択してお金を貸します。

銀行の方が審査が厳しいという見方がありますが、消費者金融も条件によって審査が厳しいという事もあります。審査が緩い、厳しいというのは、申込する方の収入とローンの金利とかの条件とかに左右される場合が多いです。限度額が低い物であれば、そこまで返済に困る可能性が少ないですので、少し収入が少ない方であっても審査が通りやすいです。その反面、限度額が多く設定されているのは、長期の利用になる可能性が高く、きちんと返済ができる収入があるのかというのを厳しくチェックされます。